落合GM不出馬 中日 大島、平田の残留交渉は代表任せ

[ 2016年9月28日 06:26 ]

中日の落合GM

 中日の西山和夫球団代表は27日、国内FA権を初取得した大島、平田の残留交渉に、落合博満GMは同席しない方針を明かした。

 「入りません。私一人でやります」

 落合GMは来年1月末で契約満了の予定で去就が注目されているが、GM就任1年目の13年オフ、森野が同権利を取得した際などは直接出馬したこともあった。

 西山代表は26日に都内で大島と第1回の残留交渉を行ったことを明かし、条件提示なども行った模様。大島は「シーズンが終わってから考えます」と態度を保留した。まだ交渉を行っていないとみられる平田は「途中経過はお話ししません。決まってから話します」とだけ話した。西山代表は「2人には絶対に残ってもらいたい」と全力慰留する方針を示している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月28日のニュース