オリオールズ FA目玉のセスペデスへ獲得オファーを提示

[ 2016年1月15日 11:45 ]

ヨエニス・セスペデス外野手(AP)

 NBCスポーツは14日、オリオールズが今オフにメッツからフリーエージェント(FA)となっているヨエニス・セスペデス外野手(30)に対して獲得のオファーを提示したと報じた。

 同メディアはボルチモアの地元放送局でリポーターを務める人物のツイッターを紹介。同リポーターによると、オリオールズは既にセスペデスと接触しており、同じく今オフにパドレスからFAとなっているジャスティン・アップトン外野手(28)よりも現時点では獲得したい選手であるとしていた。

 セスペデスは昨季、トレード期限間際の7月31日にタイガースからメッツへと移籍。2球団合計で159試合に出場して打率2割9分1厘、35本塁打、105打点と活躍を見せた。メッツ移籍後は57試合で打率2割8分1厘、14本塁打、44打点と得点力に欠けるチームの起爆剤となり、15年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月15日のニュース