ロッテドラ1平沢“プロ1号” ロングティーで初柵越え

[ 2016年1月15日 05:30 ]

新人合同自主トレでロングティーを行うロッテ・平沢(右)

 ロッテドラフト1位・平沢(仙台育英)が「プロ1号」をマークした。ロングティーの47スイング目でロッテ浦和球場のフェンスをオーバー。

 125スイングで柵越えはこの1本だけだったが、新人合同自主トレ第1クール最終日にしてようやくの一発に「あそこまで飛ぶと思っていなかったが、力は着実に付いていると思う」とうなずいた。座学ではソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)についての講義を受け「ブログは今はまだ考えていない。野球をしに来ているので、野球で結果を残すことが一番」と語った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月15日のニュース