巨人オーナー「グラウンド内外で紳士たれ」 スタッフ会議で訓示

[ 2016年1月15日 15:50 ]

 巨人は15日、東京都内でスタッフ会議を開き、白石オーナーが昨季の野球賭博問題を踏まえ「グラウンド内外で紳士たれ、ということを肝に銘じて前進しよう」と訓示した。昨秋のキャンプでは門限時間を早めるなど厳しい規則を選手に課したが、今キャンプでは通常に戻す。

 戦力面ではリーグ最下位だったチーム打率2割4分3厘を2割6分以上に上げることを目標とした。高橋監督は「個々の選手のレベルアップ。その思いは変わらない」と説明した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月15日のニュース