楽天ドラ4堀内 秋山流新フォーム「打率を残せる打者に」

[ 2016年1月15日 05:30 ]

オコエ(左)とともにボールを片付ける堀内

 楽天ドラフト4位の堀内(静岡)が新フォームに挑戦中だ。新人合同自主トレではティー打撃を実施。

 もともとアッパー気味のスイングだったが「プロの球に対応するには、レベルスイングにしなければ」と一念発起。ドラフト指名後から昨季シーズン216安打のプロ野球記録を樹立した西武・秋山の打撃フォームを研究した。鋭いスイングを披露し「秋山さんのように打率を残せる打者になりたい。いつか首位打者も獲りたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月15日のニュース