ソフトバンク日本一なら 福岡の経済効果403億円 県が試算

[ 2015年10月6日 15:55 ]

 福岡県は6日、プロ野球パ・リーグで優勝を果たした福岡ソフトバンクホークスが日本一になった場合、県内の経済波及効果は約403億円になるとの試算を発表した。

 クライマックスシリーズ(CS)を6試合、日本シリーズは7試合戦うと仮定した数字で、県担当者は「パ・リーグ史上最速での優勝の勢いで、2年連続日本一の栄誉を勝ち取ってほしい」と話している。

 優勝記念セールによる売り上げ増加に関連した波及効果が約254億円と最も大きく、チケット購入や宿泊など観客による消費が両シリーズで計約87億円。

 県は昨年もパ・リーグ優勝後に試算を公表しており、今回は1億円減少した。CSのチケット代が昨年より安くなったことなどが要因。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月6日のニュース