41歳348日のイチ 野手&投手での出場はメジャー史上最年長

[ 2015年10月6日 05:30 ]

フィリーズ戦で投手として登板したマーリンズのイチロー。スプリットチェンジも投げた!(AP)
Photo By スポニチ

ナ・リーグ マーリンズ2-7フィリーズ

(10月4日 フィラデルフィア)
 米スポーツ局のスポーツネット・スタッツによるとマーリンズ・イチローの41歳348日での登板は、同一試合で野手と投手両方での出場をこなした選手としてはメジャー史上最年長となった。

 なお野手の登板記録では、1929年に内野手のレナ・ブラックバーン(ホワイトソックス)が引退試合で1試合だけ、42歳225日で登板を果たしている。日本野手のメジャーでの登板は初めて。なお日本投手の最年長登板は、12年斎藤隆(ダイヤモンドバックス)の42歳である。

 ▼楽天・松井稼(PL学園時代は投手)143キロ出たんでしょ?凄いよね。変化球も投げたみたいだし。僕は去年の春季キャンプの時、ブルペンで投げたら137キロだった。もうちょっと出ると思ったからショックやった。

 ▼日本・ハム大谷 映像で少しだけ見ました。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月6日のニュース