始球式に猫が登場!Dバックスの面白チケット販売促進

[ 2015年9月8日 17:37 ]

ダイヤモンドバックス戦の始球式に登場したグランピー・キャットは飼い主に抱かれる (AP)

ナ・リーグ ダイヤモンドバックス6―1ジャイアンツ

(9月7日 フェニックス)
 米アリゾナ州フェニックスで飼われているメス猫、グランピー・キャットが7日に行われたダイヤモンドバックス―ジャイアンツの試合で始球式に登場した。

 メジャーリーグでは各球団がさまざまな企画で集客に努めるが、ダイヤモンドバックスは9月7日を「グランピー・キャットデー」と銘打ち、チケットの販売促進を行った。

 グランピー・キャットは本拠地チェース・フィールドのクラブハウスなど、施設を案内された後にユニホームを贈呈され、その様子は同球団の公式ツイッターでも全世界に配信された。

 そして、ついにこの日のメインイベントである始球式。しかし、不機嫌そうな表情に見えることで知られるグランピー・キャットはマウンド上で観衆の前にさらされ、本当に不機嫌になったようで、この大役を拒否。代わりに飼い主がノーバン投球で歓声を浴びた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月8日のニュース