U18米国156キロ腕 投げちゃった 日本戦登板なしか

[ 2015年8月29日 05:30 ]

<米国・チェコ>6回1失点の米国・バーグナー

第27回WBSC U―18ワールドカップ・1次ラウンドA組 米国11―1チェコ

(8月28日 舞洲)
 米国は初回にチェコ守備陣の乱れをついて5点を奪うなど7回コールドで大会3連覇へ快勝発進。

 日本戦先発も予想された最速97マイル(約156キロ)のバーグナーが6回4安打1失点。来年のメジャードラフト1位候補右腕は最速146キロ止まりも9三振を奪った。06年にカージナルスの遊撃手としてワールドシリーズMVPに輝いた経歴を持つデービッド・エクスタイン・コーチ(40)は、29日の日本戦へ「映像を1試合しか見ていないが、背番号3はいい選手だ」と清宮を警戒した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月29日のニュース