球宴 ファン投票最終結果発表 西武・森 史上最年少最多得票

[ 2015年6月26日 17:00 ]

最多得票でオールスターに選出され、一番ポーズで気合の表情を見せる森

 マツダオールスターゲーム2015(7月17日・東京ドーム、同18日・マツダ)のファン投票の最終発表が26日に行われ、西武の森友哉捕手(19)が指名打者として両リーグ最多の53万6267票を獲得。20歳シーズンで両リーグ最多得票は55年の阪神・吉田、94年のオリックス・イチロー、10年の広島・前田健の22歳シーズンを2年更新する快挙となった。パ・リーグでは森を始め12人中4人が西武から選出され、セ・リーグは広島が11人中5人を占めそれぞれ最多だった。

 森は最終中間発表から約13万票伸ばしトップの座をキープ。豪快なフルスイングが持ち味で、ここまで70試合にフル出場し、打率・285、12本塁打36打点の数字を残している。「オールスターなのでフルスイングでホームランを狙いたい。しっかり盛り上げられるようにプレーしたい。まだまだ自分は力がないですけど、(大阪桐蔭の先輩の)中村さん、中田さん、浅村さんに負けないようにやっていきたい。(黒田さんは)スーパーピッチャーなので、対戦する機会があれば打ちたい」と初選出に喜びのコメントを残した。

 8年ぶりに古巣に復帰した黒田は07年以来8年ぶり3度目のファン投票選出。セ・リーグの三塁手部門は最終中間発表で3位だった川端(ヤクルト)がバルディリス(DeNA)、梵(広島)を逆転して初のオールスター出場をつかんだ。パ・リーグは最終中間発表からトップの順位に変動はなかった。

 NPBの発表によると、インターネット、携帯電話、投票用紙による有効得票数は2542万2869票。セ・リーグの最多得票は筒香嘉智外野手(DeNA)の44万3313票。セでは中日、パではロッテからの選出はなかった。

 選手間投票の発表は29日に行われ、監督推薦を含む全出場選手は7月2日に発表される。

【セ・リーグ】※数字はファン投票選抜回数、カッコ内は選抜回数
・先発投手 黒田博樹(広島)3(5)
・中継投手 山口鉄也(巨人)4(5)
・抑え投手 山崎康晃(DeNA)1(1)
・捕手 会沢翼(広島)1(1)
・一塁手 新井貴浩(広島)2(6)
・二塁手 菊池涼介(広島)2(2)
・三塁手 川端慎吾(ヤクルト)1(1)
・遊撃手 鳥谷敬(阪神)6(6)
・外野手 筒香嘉智(DeNA)1(1)
丸佳浩(広島)3(3)
梶谷隆幸(DeNA)1(1)

【パ・リーグ】
・先発投手 大谷翔平(日本ハム)2(3)
・中継投手 E・バリオス(ソフトバンク)1(1)
・抑え投手 松井裕樹(楽天)1(1)
・捕手 嶋基宏(楽天)4(7)
・一塁手 中田翔(日本ハム)5(5)
・二塁手 浅村栄斗(西武)2(3)
・三塁手 中村剛也(西武)5(7)
・遊撃手 今宮健太(ソフトバンク)2(2)
・外野手 柳田悠岐(ソフトバンク)1(2)
秋山翔吾(西武)1(1)
糸井嘉男(オリックス)4(7)
・指名打者 森友哉(西武)1(1)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年6月26日のニュース