Wソックス ユーティリティー選手のボニファシオと1年契約で合意

[ 2015年1月6日 10:57 ]

ホワイトソックスとの契約に合意したエミリオ・ボニファシオ (AP)

 米メディアは5日、ホワイトソックスが今オフにブレーブスからフリーエージェント(FA)となっているエミリオ・ボニファシオ内野手(29)と1年400万ドル(約4億7000万円)で契約に合意したと報じた。

 ドミニカ共和国出身のボニファシオはドラフトではなくアマチュア・フリーエージェントで01年にダイヤモンドバックスへ入団すると、07年にメジャーデビュー。翌年の08年シーズン途中にナショナルズへ移籍すると、以降、マーリンズ、ブルージェイズ、ロイヤルズと渡り歩いた。昨季はカブスで開幕を迎え、7月にブレーブスへトレードで移籍。オフにFAとなっていた。

 スイッチヒッターのボニファシオは昨季、カブス、ブレーブス2球団合計で110試合に出場して打率2割5分9厘、3本塁打、24打点をマーク。そして、26盗塁と4年連続で25盗塁以上を記録した。また、外野全ポジションと二塁手、三塁手、遊撃手の計6ポジションを守ることができるユーティリティープレーヤーでもある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月6日のニュース