ソフトバンクが仕事始め 王会長「倍、3倍の用意をして…」 

[ 2015年1月6日 10:59 ]

 プロ野球で昨年日本一のソフトバンクが6日、2015年の業務を始め、福岡市のヤフオクドームで王貞治球団会長や後藤芳光球団社長兼オーナー代行らが鏡開きを行った。目標の2連覇へ王会長は「(他球団の挑戦に)倍、3倍の用意をして、受け止める気持ちでやっていく」と決意を表明した。

 工藤公康新監督を迎えたほか、9年ぶりの日本球界復帰となる松坂大輔投手を獲得するなど戦力に厚みを増した。王会長は「(松坂には)絶対的な期待を持っている。工藤野球を前面に押し出してほしい」と語った。

 ソフトバンクは社員の休暇取得を促したため、他球団より1日遅れての仕事始めとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月6日のニュース