オレを引退させてみろ!谷繁兼任監督 若手捕手に猛ゲキ「早く追い抜いけ」

[ 2015年1月6日 21:07 ]

 オレを引退させてみろ! 中日の谷繁元信兼任監督(44)が6日、横浜市内のグラウンドで自主トレを公開。選手としては進退をかけて臨む1年の始めに、伸び悩む若手捕手たちに猛ゲキを飛ばした。

 「現実として引退が近づいている身。悔いのないよう一日一日、一瞬一瞬を過ごしたい。(若手には)すべてにおいて早く追い抜いてほしい。抜かれたくはないけど、抜いて欲しい」

 負けない自信はあるが後継者育成も急務。兼任ならではの複雑な心境を選手として、監督として口にした。長く第2捕手を務めた小田が昨季限りで退団。FA補強を狙った西武・炭谷の獲得もならなかった。現時点では五十歩百歩の印象がある松井雅、武山、桂ら候補者に、今年こそ一皮むけて欲しいのが本音だ。

 この日は1時間のランニングの後、キャッチボール、素振りなどでみっちりと汗を流し「監督に“まだまだいけるじゃないか”と思わせるような準備をしたい」と前を向いた。自身の座を脅かす若手の出現を期待しながらも、そうはさせじと踏ん張る。勝負をかけた兼任2年目が始まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月6日のニュース