元阪神のカーライル メッツと再びマイナー契約

[ 2015年1月6日 12:27 ]

日本ハム時代のカーライル

 メッツは5日、バディ・カーライル投手(37)と今季のマイナー契約を結び、今春のメジャーキャンプに招待選手として迎えると発表した。

 昨季もメッツとマイナー契約を結び、シーズン途中にメジャー昇格を果たしたカーライルは27試合に登板し、31回を投げて1勝をマーク。防御率は1・45を記録した。オフにフリーエージェントとなっていたが、再びメッツとマイナー契約を結ぶことになった。

 96年にレッズからドラフト2巡目(全体38位)で指名されたカーライルはパドレス移籍後の99年にメジャーデビュー。その後、昨季までメジャー通算8年で139試合に登板して12勝を挙げ、防御率は5・13という数字を残している。その間、01年から2年間は阪神で、10年は日本ハムで計3年間、日本のマウンドにも上がり、さらに06年には韓国のLGツインズでも投げていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月6日のニュース