巨人・金城 “ライバル”にあいさつ ジャイアンツ球場で始動

[ 2015年1月6日 05:30 ]

新年のあいさつを交わし外野手同士ガッチリ握手する松本(左)と金城

 DeNAから巨人にFA移籍した金城が、球場開きが行われた川崎市のジャイアンツ球場で始動した。

 室内練習場で左右両打席で約50分、マシンを相手に打ち込むとグラウンドでランニング、ダッシュなど精力的に動いた。「身が引き締まる思い」で年が明けたというプロ17年目のベテランは、居合わせた亀井、橋本、松本哲ら外野のポジションを争うライバルたちとあいさつ。「金城が来てよかった、と言われるように若手を引っ張りたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月6日のニュース