2球団スカウト来た!東海大相模 ドラフト候補腕コンビが始動

[ 2015年1月6日 05:30 ]

笑顔で取材に応える東海大相模の小笠原(左)と吉田

 東海大相模の今秋ドラフト候補、146キロ左腕・小笠原と右腕・吉田が神奈川県相模原市の同校で始動した。

 阪神とソフトバンクのスカウトが視察に訪れる中、ランニングなどで汗を流した。体重を5キロ減の83キロに絞った小笠原は「勝てる投手を目指す」。昨夏神奈川大会決勝で20奪三振の大会記録を樹立した吉田も「神奈川連覇は最低限。日本一になる」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月6日のニュース