「アニソン界の帝王」水木一郎 中日戦で初の君が代斉唱

[ 2014年8月12日 20:38 ]

 岐阜・長良川球場で行われた中日―DeNA戦の試合前に「アニメソング界の帝王」の異名を持つ歌手の水木一郎(66)が君が代を斉唱を行った。

 持ち歌1200曲を超える大御所だが、地元の岐阜県立加納高校の音楽科の生徒とともに、やや緊張した表情で歌い上げると「国歌斉唱は生まれて初めて。ドキドキものでした」と照れ笑い。7回表終了後には一塁側スタンド前で、自身が歌う球団応援歌「燃えよドラゴンズ!球場合唱編」を生披露した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月12日のニュース