二度とない?ペーニャのホームスチール!オリックス先制

[ 2014年8月12日 19:25 ]

<西・オ>2回2死一、三塁 伊藤の時に一走・ヘルマンが一、二塁間に挟まれる間に生還したペーニャは、ナインに出迎えられる 

パ・リーグ オリックス―西武

(8月12日 西武D)
 楽天3連戦を全て雨で流し、6日の日本ハム戦以来、6日ぶりの試合となったオリックスは、予想外の形で先制点をもぎ取った。

 2回、2死一、三塁で、一塁走者のヘルマンが盗塁を仕掛けたが、投手の牧田が一塁にけん制して挟殺プレーに持ち込んだ。しかし、挟まれている間に三塁走者のペーニャが本塁に突入。メヒアの本塁への送球がそれて、1点が入った。

 記録上は重盗となり、得点は「ペーニャのホームスチール」という2度と見られないかもしれない珍事での先制となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月12日のニュース