成瀬 交際2年の記念日に結婚「そろそろ人生の逆算を」

[ 2014年6月24日 05:30 ]

<ヤ・ロ>力投するロッテ先発の成瀬

交流戦 ロッテ10―3ヤクルト

(6月23日 神宮)
 ロッテのエース左腕の突然の発表だった。7回7安打2失点で、1カ月ぶりの白星となる5勝目を手にした成瀬は試合後、結婚していたことを明かした。「きのう(22日)入籍しました。そろそろ人生の逆算をしないといけない時期。今以上に頑張らないと」。お相手は鹿児島県出身の一般女性(27)で、交際2年の記念日に婚姻届を提出した。

 夫になって最初のマウンド。愛する新妻への思いが球に込められていた。「どうしてもウイニングボールが欲しかった」。直球は今季最速の140キロをマーク。変化球をコースに投げ分ける成瀬らしい投球術が光った。打線の大量援護をもらい「僕らしい投球ができた。一方的な試合なので、最後まで投げられなかったのはもったいないけど」と胸を張った。

 6月8日の巨人戦(東京ドーム)はプロ最短の1回4失点でKO。直後に2軍に降格したが、復帰戦が結婚の翌日となった。自宅でテレビ観戦した夫人からは「頑張ってね」と送り出された。夫人は妊娠していないが「子供に野球をやっている姿を見せたいので、早く結婚したかった」。守るべき存在のために、エースは今まで以上に結果にこだわる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月24日のニュース