和田 カブスとメジャー契約 主力投手を放出後に昇格へ

[ 2014年6月24日 05:30 ]

カブス・和田毅(AP)

 カブスは22日(日本時間23日)、傘下3Aアイオワの和田毅投手(33)とメジャー契約を結んだと発表した。昇格の前提となる40人枠に入り、3Aでプレーを続ける。米3年目で待望のメジャーデビューへ前進した。

 31勝42敗で地区最下位に沈むカ軍はプレーオフ進出の望みが薄くなり、主力投手を放出して有望な若手を獲得するトレード交渉を、上位を争う複数球団と進めている。成立後にローテーションの穴を埋める形で和田が昇格するとみられる。

 和田は12年にオリオールズ入りしたが、同年5月に左肘じん帯再建手術を受けメジャーでの登板はまだない。今季は3Aアイオワで14試合に登板し7勝4敗、防御率2・81と好投を続けている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月24日のニュース