西武の栗山 自身初のオールスター出場を熱望

[ 2014年6月24日 20:15 ]

自身初となるオールスター選出を熱望する西武の栗山

 西武の栗山が自身初となるオールスター選出を熱望した。

 今年のオールスターは本拠地の西武ドームと故郷・兵庫の甲子園で開催される。主将は「(2つが)重なることはめったにない。出るとしたらここしかない。」と力を込めた。

 ファン投票の最終中間発表では10万5356票で7位と選出は厳しいが、監督推薦と選手間投票で選出される可能性は十分ある。

 27日から「ライオンズ・クラシック 2014」と銘打ったソフトバンク3連戦(西武ドーム)でリーグ戦が再開する。79年から95年まで着用した西武黄金期のビジター用の青いユニホームでプレーするこの3連戦。

 現在打率・288の栗山は「打ちまくって3割を超えたい。チームも乗っていくと思うので、しっかりやりたい。(オールスターにも)選んでもらえるように頑張るしかない」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月24日のニュース