川崎 3試合ぶり安打、得点も イチロー3の1で5戦連続安打

[ 2014年6月24日 11:48 ]

ヤンキース戦の2回、カブレラの適時打で三塁から生還し、エンカーナシオン(右)に迎えられるブルージェイズ・川崎

ア・リーグ ブルージェイズ8―3ヤンキース

(6月23日 トロント)
 ブルージェイズの川崎はトロントでのヤンキース戦に「8番・二塁」で出場し、4打数1安打1得点だった。中前打、一ゴロ、投ゴロ、遊ゴロで打率は2割となった。

 2回に3試合ぶりの安打となる中前打を放ち、後続の安打でホームに還った。チームは序盤に打線が爆発、8―3で勝った。

 ヤンキースのイチローは「8番・右翼」で先発、中堅も守り、3打数1安打で5試合連続安打。遊ゴロ、左飛、右前打で打率は3割1分5厘。

 ▼川崎の話(今季初めて本拠地でプレーし)緊張したし、うれしかった。(安打は)ボールに集中した。つなげられて良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月24日のニュース