阪神 建山と合意、25日にも発表 契約は今季終了まで

[ 2014年6月24日 05:31 ]

前ヤンキース傘下3Aスクラントンの建山

 阪神が、獲得交渉を進めていた前ヤンキース傘下3Aスクラントンの建山義紀投手(38)と条件面で合意に達したことが23日、分かった。今季終了までの契約。25日にも正式発表され、入団会見が行われる。

 建山は日本ハムの04年に最優秀中継ぎ投手に輝くなど、通算438試合で35勝43敗27セーブ、防御率3・43。10年オフにレンジャーズに移籍し、メジャーでも通算53試合で3勝0敗1セーブ、防御率5・75の成績を残した。

 今季はヤ軍傘下の3Aスクラントンに在籍。メジャーでの登板はないが、中村勝広GMは「シーズン当初から中継ぎ陣が大変な状況だった。それをカバーできないかということで(建山に)白羽の矢が立った。経験豊富で、ああいうタイプは少ないからね」と期待していた。建山は24日に米国から帰国する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月24日のニュース