森脇監督、福良ヘッドがバトラーら視察 24日2軍戦

[ 2014年6月24日 05:30 ]

 24日のウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)をオリックス・森脇監督、福良ヘッドコーチが視察し、新外国人選手のバトラーら、リーグ戦再開後に向けて選手の状態を見極める。

 5月に入団したバトラーは2軍戦で9試合に出場し、打率・219、4打点ながら21日のソフトバンク戦(豊中ローズ)で初本塁打を放つなど調子は上向き。再開初戦の27日ロッテ戦(QVCマリン)での昇格を見据えている。指揮官は「リーグ戦に戻った時、いいスタートを切れるように(再開までの)4日間でいい準備をしたい」としていただけに、着々と首位固めの布陣を整える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月24日のニュース