マー君、サイ・ヤング賞いける!敏腕代理人が太鼓判

[ 2014年5月17日 05:30 ]

試合前、代理人のケーシー・クロース氏(右)と話す田中

 ヤンキース・田中が、メジャー初完投初完封勝利から一夜明けた15日、メッツ戦の試合前に代理人のケーシー・クロース氏(50)と再会。開幕以来、初対面となったクロース氏は、田中の今季のサイ・ヤング賞受賞の見通しを聞かれ「いいスタートを切ったし、シーズンを通してこのまま頑張ってくれれば」と太鼓判を押した。

 7年総額1億5500万ドル(約158億1000万円)の大型契約をまとめ上げた敏腕代理人は、開幕から無傷の6連勝の田中の活躍ぶりに「そんなに驚きはないよ。(マウンドで)落ち着いて投げているし、ストライクを取ることができている」。もし、新人王とサイ・ヤング賞を同時受賞すれば1981年ドジャースのフェルナンド・バレンズエラ以来2人目。その偉業すら夢ではないと信じている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月17日のニュース