内川空砲…ソフトB“南海ユニ”で今季2度目逆転負け

[ 2014年5月17日 05:30 ]

<オ・ソ>4回、先制の9号ソロを放った内川

パ・リーグ ソフトバンク1―4オリックス

(5月16日 京セラD)
 帰りのバスへと向かうソフトバンクナインの足取りは重かった。今季2度目の逆転負け。オリックス・金子から先制しながらも、相手エースを攻略しきれなかった。

 唯一の得点を叩き出したのは内川だった。先頭の4回だ。3ボール1ストライクからの5球目、見逃せばボールの高め146キロ直球を左翼5階席まで運んだ。「いいピッチャーすぎて割り切れる。ちゃんとやって打てないですからね」。直球一本。どの球種にも柔軟に対応する内川本来の打撃ではなく、狙いを絞って仕留めた強烈な一撃だった。

 幼い頃の思い出がよみがえるユニホーム。「OSAKA CLASSIC 2014」と銘打たれた試合で、ソフトバンクが南海、オリックスが近鉄と前身チームのユニホームを着用した。内川は父・一寛さんの大分・国東高監督時代の教え子が元南海の吉田豊彦投手だった縁で幼少時、同投手からもらったTシャツを着ていた。「気分転換になっていいよね」。右臀部(でんぶ)痛の影響で2試合続けてDHで出場と状態が万全がない中で結果を出したが、空砲に終わった。

 金子がマウンドにいた8回まで5度、得点圏に走者を送りながら適時打が出なかった。4月12日の同カード(ヤフオクドーム)で金子と初対戦した際、5打数無安打4三振に終わった李大浩(イデホ)は2本の二塁打を放つも8回無死一、二塁で二ゴロ併殺打。よほど悔しかったのか「ノーインタビュー」と試合後は珍しく口を閉ざした。

 チャンスで三振するシーンが目立った。6回までに11三振を奪われ、藤井打撃コーチは「ミーティングでは追い込まれるまでに勝負していこうと言ったけど、それ以上に打てる球が少なかったのかな」と首をかしげた。金子を攻略しきれずに首位攻防の初戦を落とし、2位・オリックスとのゲーム差は0・5。首位を死守するために連敗だけは阻止する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月17日のニュース