メッセ 村山実以来!48年ぶり甲子園3試合連続完封

[ 2014年5月17日 16:44 ]

<神・D>5回1死、荒波の一ゴロでベースカバーに走るメッセンジャー

セ・リーグ 阪神4―0DeNA

(5月17日 甲子園)
 阪神はメッセンジャーが3安打完封。甲子園では3試合連続完封となり、1966年の村山実以来48年ぶりの偉業達成となった。外国人投手では65年のジーン・バッキー以来となる。

 メッセンジャーは9回でも150キロを超える球威のある直球でDeNA打線につけ入る隙を与えず。前回登板の11日・巨人戦(甲子園)で1―0完封。前々回の本拠地登板となった4月29日・広島戦も1―0で完封しており、「2代目ミスタータイガース」と呼ばれた村山以来の記録となった。打線は4回、今成の適時打や鶴岡の押し出し死球などで3点先制。5回に鶴岡が今度は押し出し四球をもぎ取り1点を追加した。

 DeNAは3回まで無安打と上々の立ち上がりを見せていたモスコーソが4回に突如3失点。自らの失策でも傷を広げてしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月17日のニュース