「とにかくチャンスつくる」青木 初回に3試合ぶりヒットも

[ 2014年5月17日 12:21 ]

オリオールズ戦の8回、二ゴロ併殺に倒れ、この試合4打数1安打に終わったロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ0―4オリオールズ

(5月16日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は16日(日本時間17日)、オリオールズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数1安打だった。内容は左翼線二塁打、左邪飛、投ゴロ、二ゴロ併殺打で打率は2割5分9厘。チームは0―4で敗れた。

 青木が3試合ぶりの安打を放った。1回に外角の速球にうまく合わせて左翼線に転がす二塁打。「とにかくチャンスをつくるんだと、いつも心掛けている」と振り返った。

 ただ、8回1死一塁で二ゴロ併殺打に倒れるなど、その後の3打席は凡退し、打率は2割6分を切ってしまった。チームも相手の開幕投手ティルマンにメジャー初完封を許し、再び借金生活に。リードオフマンは「切り替えていきたい」と言った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月17日のニュース