藤浪、初ブルペンで35球 新フォームに手応え「悪くない」

[ 2014年1月15日 19:36 ]

今年初めてブルペンに入り投球する阪神・藤浪

 阪神の藤浪が15日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で今年初めてブルペンに入り、捕手を立たせて35球を投げた。「しっかり腕を振れたのが良かった。去年のこの時期に比べたら間違いなくいい」と淡々と話した。

 修正中のフォームについて「感触は悪くなかった」と手応えを口にした2年目右腕に対し、視察した中西投手コーチは「足が同じところに着地できていて、ばらつきがなくなった」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月15日のニュース