「弱点克服を」松井裕“脚力バランス”指摘された

[ 2014年1月15日 16:44 ]

体力測定をする楽天・松井裕

 楽天の新人9選手が15日、仙台大で最大酸素摂取量と脚力のバランスを計測した。最大酸素摂取量の数値が高ければ、体の疲労回復が早く、けがをしにくい体であることを示し、脚力のバランスが悪いと肉離れの原因になるという。

 ことしで4年目となる計測で、ドラフト1位入団の松井裕(神奈川・桐光学園高)は、最大酸素摂取量で4年間の平均値を上回ったが、脚力のバランスには改善の余地があり「弱点を克服してベストな体にしていけるようにしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月15日のニュース