まだ大正13年…90年前の甲子園開場式伝えるお宝写真を発見!

[ 2014年1月15日 07:45 ]

甲子園球場開場式のスタンドの様子を伝える絵はがき。「収容人員8万人」と説明がある=阪神電鉄提供

 甲子園球場完成の1924年(大13)8月1日に行われた開場式を伝える写真があったことが14日、分かった。

 当日は午前7時から鳴尾八幡神社宮司による祭文朗読や阪神電鉄・三崎省三専務のあいさつの後、沿線150校以上の小学校児童約2500人による阪神間学童体育大会を開催。行事の模様をとらえたモノクロ2枚で電鉄本社の社史資料として残っていた。甲子園歴史館や関係者も「見たことがなかった」という貴重なものだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月15日のニュース