栗山監督「斎藤佑樹を生かすため」中継ぎ起用の可能性も

[ 2014年1月15日 08:35 ]

チビっ子を抱いて高橋道知事(中央)と記念撮影する日本ハム・栗山監督(右)

 日本ハム・栗山監督が斎藤の中継ぎ起用の可能性について言及した。14日、札幌市内で指揮官は「基本的に先発で考えているが、斎藤佑樹を生かすため柔軟に考えている」。

 すでに沖縄・名護キャンプ中の2月8日の紅白戦での先発を通達しているが、今後は先発としての結果、さらに痛めていた右肩の状態も考慮しながら役割を決める方針だ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月15日のニュース