Aロッド裁定近日中に決定へ 出場停止ならマー君獲得資金確保

[ 2014年1月12日 05:30 ]

ロサンゼルスから帰国した田中

 薬物規定違反により米大リーグ機構から211試合の出場停止処分を科されたヤンキースのロドリゲスに関する裁定が近日中に下されると、AP通信が報じた。

 昨年8月に出場停止処分を科されたが、異議申し立てをし、その後も出場を続けた。出場停止期間中は年俸を支払う義務がないため、ロドリゲス側の処分撤回が認められなければ、来季年俸2500万ドル(約26億円)が浮く。球団の年俸総額が抑えられてぜいたく税を回避できるだけでなく、田中の獲得資金が確保できるメリットが生まれる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月12日のニュース