鶴岡流出をプラスに…番長三浦がゲキ、配球は自分で考えろ

[ 2014年1月12日 05:30 ]

中山9R黒竹賞を制したリーゼントロックと口取り式に臨む三浦(左から3人目)と中谷騎手(左)

 DeNAの三浦が若手投手に配球を組み立てる意識改革を促した。

 今オフにFAで加入した久保の人的補償で鶴岡が流出。弱気な投球には叱咤(しった)するなど投手陣を引っ張った正捕手が抜け、黒羽根と高城は1軍出場が計260試合とまだ経験が浅い。「今まで若い投手がツル(鶴岡)におんぶにだっこだった。若い捕手しかいないし、配球を考えることが大事になる。考えることは自分にとってもプラスになる」と強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月12日のニュース