年俸440万男が躍動!西野 育成ドラフト出身でCS初勝利

[ 2013年10月13日 06:00 ]

<西・ロ>5回2死満塁 西野は、栗山を中飛に打ち取りガッツポーズ

パ・リーグ クライマックスシリーズ ロッテ11-1西武

(10月12日 西武D)
 5―1の5回1死満塁。マウンドに上がった西野に迷いはなかった。片岡に対し1ボール2ストライクから選んだ一球は141キロの内角速球。見逃し三振に仕留めると普段は感情を表に出さない男がド派手なガッツポーズと雄叫びを上げた。

 「ミーティング通り。震えるほど緊張したが、ガッツポーズは、いつも出さない自分だからこそチームに勢いを与えられると思ってやりました」

 10日の全体練習後に行ったバッテリーミーティング。伊東監督が初めて打者分析を担当した。主力打者1人ずつ、得点差や場面ごとに配球を指示した。「ノートに忘れずに書き込みました」と西野。片岡は早いカウントでは速球、追い込まれると変化球に対応してくる――。投じたのは、3球目まで変化球、最後に速球だった。その徹底ぶりが流れを断った。続く栗山も内角速球で中飛。6回も3者凡退に抑え、育成ドラフト出身選手ではプレーオフ、CSで史上初の白星を手にした。

 8日の西武戦(西武ドーム)で、中継ぎ登板して片岡、栗山、浅村に3連続適時打された。8月上旬に右肩痛を発症し「今でも具合は良くない」と話す。そんな時、小谷2軍投手コーチの言葉に救われた。「顔の近くで腕を振ろう」。寮に戻ると、前半戦で8勝した時の映像を確認。腕が横振りになっていた点を短期間で修正した。「いい時の速球に戻ってきている」。小谷コーチを10日から合流させるチームの異例の決断が、右腕に自信を取り戻させた。

 西野は今季2度の救援登板があるが、回の途中は初めてだった。伊東監督が大舞台で迷いなき采配を振った。そして試合が決した7回にロサ、8回に内と、最後まで勝ち試合の投手を投入した。「悔いは残したくないし、最後まで休むところはなかった」と言った。

 年俸440万円の西野は第2戦以降も勝負を左右する場面での登板が予想される。「全試合行くつもりで準備したい」。本人もその気だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月13日のニュース