×

大谷6回「ノーヒッター」ストライク先行が課題

[ 2013年10月13日 06:00 ]

<日・広>初回を三者凡退で終え、ベンチに引き揚げる日本ハム・大谷(左)

フェニックスリーグ 日本ハム5―2広島

(10月12日 天福)
 「ノーヒッター」だ。投手としては今季3勝で終わった日本ハムの二刀流ルーキー・大谷が6回を無安打無失点、8奪三振の快投。2回には3者連続三振と圧巻の投球で「カーブとスライダーでカウントを取りながらいけた。そういう意味では良かった。フォークもいい高さに行っていたと思う」と手応えを口にした。

 最速は152キロ。投手に専念して臨んでいるフェニックス・リーグの初登板で結果を残した。反省点は4回2死から連続四球を与えたこと。ストライク先行を課題としているだけに「そういうところをしっかりやらないと」と口元を引き締めた。視察した栗山監督も「状態は悪くなかったのに3つも四球を与えているようでは駄目」とさらに上のレベルを求めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2013年10月13日のニュース