高卒新人、PS先発白星は稲尾だけ…66年堀内以来5連敗

[ 2013年10月13日 08:12 ]

<神・広>5回表2死一、二塁、キラに3点本塁打を浴び、前田健(左奥)と広島ファンが喜ぶ中でガックリと腰を折る藤浪

セ・リーグ クライマックスシリーズ 阪神1-8広島

(10月12日 甲子園)
 阪神・藤浪がCS初登板初先発。日本シリーズも含めた高卒新人のポストシーズン先発登板は、昨年の武田(ソフトバンク)に次いで7人目、8度目だが、初戦に抜てきされたのは藤浪が初めてだ。

 もっとも、5回4失点で敗戦投手。過去に先発勝利を挙げたのは、56年稲尾(西鉄)しかなく、66年堀内(巨人)からは5連敗になった。また、チームは4度目のCSファーストS出場になるが、初戦は全敗。初戦に4連敗は、06、07、09年ソフトバンクの3連敗を抜くワースト記録。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月13日のニュース