ヘルマン、37年ぶり快挙!外国人選手30盗塁以上

[ 2012年8月24日 23:02 ]

パ・リーグ 西武6―2オリックス

(8月24日 京セラD)
 西武のヘルマンが豪快なヘッドスライディングで2盗塁に成功し、今季31盗塁となった。外国人選手が30盗塁を超えるのは1975年に阪急(現オリックス)のウイリアムスが記録して以来、実に37年ぶりだ。

 内野安打で出塁した5回は、二盗が失策を誘って三塁へ到達し、中島の犠飛で生還。1番打者として離脱した栗山の穴を十分に埋める働きで「自分のスタイルでやっていく。とにかく出塁して、盗塁もしていきたい」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月24日のニュース