原監督 中傷の“ネタ元”清武氏へ「ほかにだれがいるのか」

[ 2012年6月20日 13:16 ]

 巨人の原監督は20日に明らかになった、元暴力団員に女性問題で1億円を払っていたとされる「週刊文春」の記事に付随して、元球団代表の清武英利前球団代表にあてたコメントを発表した。

 「清武さんへ」と題する文章は、「巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。たくさんの暴露が行われ、巨人軍関係者を混乱させ、選手、OBを苦しませています。私は監督という立場で心を痛めてきました」で始まり、最近の巨人関連の中傷報道についての考えを述べた。

 続いて「こんなことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか」と“ネタ元”が清武氏以外にいないと言わんばかりの表現で同氏への怒りをぶつけた。

 一緒に球団改革をしたことを振り返る一方で原監督は「巨人軍の一員だったことを誇りとして、これからを歩んでください。まだ間に合います」と、これ以上の誹謗中傷をやめるよう促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月20日のニュース