イチロー 4番目の速さで大リーグ通算2500安打達成 現役では最速

[ 2012年6月20日 10:46 ]

ダイヤモンドバックス戦の1回、大リーグ通算2500安打となる中前打を放つマリナーズのイチロー

交流戦 マリナーズ12―9ダイヤモンドバックス

(6月19日 フェニックス)
 マリナーズのイチローが19日、フェニックスでのダイヤモンドバックス戦で、日本選手初のメジャー通算2500安打を達成した。

 イチローは初回、先頭打者で2ストライクからの3球目をダイヤモンドバックス先発のハドソンから詰まりながらも中前に落ちる安打を放った。

 1817試合目の出場での達成は、近代野球とされる1900年以降では4番目の速さでの到達。通算2500安打以上を放っている現役選手は7人いるが、最速はジーター(ヤンキース)の1955試合で、これを大幅に上回ることになった。

 イチローは3回にも左翼線二塁打を放ち、5回にも中前打、延長10回に二塁打を打ち、記録を一気に2503安打に伸ばした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月20日のニュース