ダル 因縁の球場で敵地連敗ストップ&9勝目に自信

[ 2012年6月20日 06:00 ]

 レンジャーズのダルビッシュが20日(日本時間21日)のパドレス戦へ向け、31球のブルペン投球を行った。

 ペトコ・パークは09年のWBC2次ラウンド以来で、その時は韓国相手に5回4安打3失点で敗戦投手。今季も敵地で4連敗中だが「僕の置かれた状況も(WBCの時とは)違う」とし「(2日の)エンゼルス戦の時から指や球の感触が良くなった。それは続けていけるかなと思う」と9勝目へ自信をのぞかせた。同戦はDH制はなく、メジャー初打席も注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月20日のニュース