ハムの新主将・田中、最高打率目標に順調

[ 2012年2月5日 18:56 ]

 プロ野球のシーズン最高打率、3割8分9厘を上回る3割9分を今季の目標に掲げる日本ハム・田中が順調な調整をしている。打撃では連日、右腕だけでバットを振るティー打撃に励んでおり「もともと左利き。少し右手の意識をしながらやれば、確率が上がるかなと」。守備では、以前より大きめのグラブを新調した。

 今季から主将を任された。1月に栗山監督から直接、電話で打診された役割に「監督が考えている野球を理解しながら実践していく」と選手と指揮官のパイプ役になることを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月5日のニュース