「てどこん」だけじゃない 沖縄出身 珍名のプロ野球選手

[ 2012年2月5日 11:22 ]

 ☆安仁屋宗八(あにや・そうはち)=那覇市=64年広島入団。沖縄初のプロ野球選手。75年に阪神に移籍。18年間で119勝124敗22セーブ。

 ☆伊良部秀輝(いらぶ・ひでき)=宮古島市=87年ドラフト1位でロッテ入団。97年ヤンキースに入団し大リーグで活躍。03年に阪神で日本球界復帰。日米通算106勝104敗27セーブ。

 ☆真喜志康永(まきし・やすなが)=沖縄市=86年ドラフト3位で近鉄に入団した内野手。93年引退。プロ6年間で370試合、打率・207、14本塁打、53打点。

 ☆親富祖弘也(おやふそ・こうや)=浦添市=90年ドラフト4位で西武に入団した捕手。96年引退。1軍公式戦出場なし。

 ☆運天ジョン・クレイトン(うんてん)=宜野湾市=父が米国人のハーフ。09年ドラフト4位で日本ハム入団。11年5月14日のオリックス戦でプロ初登板。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月5日のニュース