“日本一”体験!ロッテ新人、田植えで“秋の収穫”誓う

[ 2012年2月5日 06:00 ]

田植えをするロッテのルーキー(左から)中後、藤岡、益田

 ロッテのドラフト1位・藤岡(東洋大)、同2位・中後(近大)、同4位・益田(関西国際大)の新人3選手が、キャンプ休日を利用して田植えを体験した。

 温暖な気候の石垣島は、日本一早く1月から田植えが行われる地域。水田に「ひとめぼれ」の苗を植えた中後は「ちょっと早い日本一を経験できた。秋にも(野球で)日本一になりたい」と誓った。「日本一早い米」は5月下旬に収穫され、シーズンを戦う3選手の元に届けられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月5日のニュース