松坂 2度目のブルペン「9割近い力」の投球に笑顔

[ 2012年2月5日 06:00 ]

通訳に動画を撮影してもらいながら、ブルペン投球を行うレッドソックス・松坂

 右肘の腱移植手術からの復活を目指すレッドソックスの松坂が3日(日本時間4日)、術後2度目のブルペン投球を行った。

 ホームベースの前に位置した捕手を座らせて20球。「前回は7割程度でしたが、今回は自分でいけるところまで力を入れようと思った。9割近い力の入れ具合で、強く腕を振れて良かった」と笑顔で振り返った。フォームの動画を撮影しながらの投球。「まだどこかで体が遠慮している部分がある。今後も投球フォームは確認していきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月5日のニュース