栗山 右肘遊離軟骨除去手術、涌井は近日中に検査

[ 2011年11月7日 06:00 ]

 西武・栗山巧外野手(28)が、今オフに右肘遊離軟骨除去手術を受けることが濃厚となった。

 栗山は開幕前から右肘痛を抱え、試合前のシートノックから外れることもあったが、2年連続でのフルイニング出場を果たし、チームトップの打率・307をマーク。手術をしても、来季開幕には間に合う見込み。

 また、同じく右肘痛を抱えていた涌井秀章投手(25)も、近日中に精密検査を受け、結果次第では手術を受ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月7日のニュース