最後は浅尾!守護神・岩瀬、途中降板「しようがない」

[ 2011年11月7日 06:00 ]

<中・ヤ> 最後を締め谷繁(左)と抱き合う浅尾

セ・リーグCSファイナルステージ第5戦 中日2-1ヤクルト

(11月6日 ナゴヤD)
 2―0の9回に登板した岩瀬が2死二塁から青木の適時打で1点差とされると、中日・落合監督はマウンドに向かい、交代を告げた。

 今季、岩瀬を降ろして浅尾にセーブがついたのは7月1日の巨人戦(東京ドーム)に続く2度目。試合を締めることができなかった岩瀬は「ボールは良かったんだけど、しようがない」と淡々と話し、浅尾は「何とか勝っているままで終わりたかったので、よかった」とホッと胸をなで下ろした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月7日のニュース