DeNA春田会長「横浜の顔」村田の慰留に全力

[ 2011年11月7日 06:00 ]

 DeNAの春田会長は6日、都内で取材に応じ、移籍を前提にFA権行使の意志を固めている横浜の主砲・村田を全力で慰留する考えを示した。

 まだ新規参入が承認されていないため、直接出馬についてはコメントを控えたが「横浜の顔ですし、残っていただきたい。顔である選手に出て行かれると寂しい」と繰り返し強調。「のんびりしていられない」と力を込めた。

 また、同会長は社内で話題となっている選手に育成選手出身の20歳右腕・国吉を挙げ「1メートル90ぐらい(実際は1メートル95)あるんですよね。ダルビッシュみたいになるんじゃないかって」。また、チームの成績同様、12球団最下位と低迷する観客動員の「上位進出」を目標に広報部の強化を掲げ、高田繁氏が候補に挙がるGMには組閣や選手の契約など全権委任する意向も示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月7日のニュース