鳥取城北・山木監督の采配が的中 大型右腕が好投

[ 2011年11月7日 14:45 ]

高校野球秋季中国大会決勝 鳥取城北4―1倉敷商

(11月7日 マツダ)
 鳥取城北の山木監督は「西坂のほうが直前にいいイメージの投球ができていた」と3戦連続完投の平田に代えて、西坂に決勝の舞台を任せる歳は采配が的中した。

 出場機会に恵まれていなかった184センチの大型右腕は「早く投げたくて、楽しみだった」とマウンドで躍動。力のある直球で押し、1失点完投で序盤のリードを守りきった。

 約2週間後に控えた神宮大会に2年生は「自分たちより強いチームばかり。勝っても負けても力を出し切りたい」と完全燃焼を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月7日のニュース