日本 台湾破りB組1位で準決勝へ

[ 2011年8月30日 18:12 ]

 18歳以下で争うアジアAAA野球選手権第3日は30日、横浜スタジアムなどで1次リーグ4試合を行い、B組の高校日本代表は台湾を3―1で破り、3連勝で同組1位を決めた。31日の準決勝でA組2位のフィリピンと顔を合わせる。

 前回覇者の韓国も3連勝でA組1位となり、準決勝で台湾と対戦する。

 日本は3回に高橋(山梨・東海大甲府)の右前打などで2点を先制し、6回にも1点。左腕の野田(鹿児島実)ら3投手が継投して逃げ切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月30日のニュース